福岡市西区の産後の骨盤矯正情報 - 福岡西区「からだ回復整体」

HOME > 福岡市西区の産後の骨盤矯正情報

姪浜 産後の骨盤矯正 ゆがみ改善ストレッチで産後骨盤の歪みを改善しよう

姪浜 産後の骨盤矯正 ゆがみ改善ストレッチで産後 骨盤の歪みを改善しよう

骨盤のゆがみを改善すると産後太りを解消し、すっきりとメリハリのある体型を取り戻すことができるといわれています。
産後 骨盤の歪みは、産後のママの体型を崩すだけでなく、体調の悪化など健康被害を受けることもあるのです。

出産や日ごろの生活習慣によって、骨盤が大きくズレたり、左右に広がる事があります。
特に妊娠中のママの骨盤は非常に大きな負荷を受けるだけでなく、妊娠という特殊な環境によって、骨盤がゆがみやすい傾向にあります。

歪んだままの骨盤にさらに育児や家事という負担によって、さらに産後 骨盤の歪みとなってしまうのです。
また妊娠を経験していない女性でも、生理不順や冷え性、便秘や下半身太りに、肌荒れ、といった症状を抱えている場合にも日常生活による骨盤のゆがみの可能性が考えられます。

産後 骨盤の歪みなどを改善するためには、骨盤体操や骨盤矯正が必要不可欠です。
ここでは女性特有の疾患を引き起こしてしまう産後 骨盤の歪みを改善し、健康や美容に自信のもてる体を取り戻すようなストレッチを紹介しましょう。

このストレッチは、産後 骨盤の歪み改善だけでなく、ウエスト周りの脂肪をすっきりと取り除き、メリハリのある体型を手に入れることが期待できます。
床に仰向けになった状態で脚を伸ばし、リラックスしましょう。

次に両足のつま先をくっつけたまま、持ち上げましょう。
このとき、太ももと床が垂直になることを意識しながら持ち上げてください。

床と太ももが90度になったら10秒間キープします。
今度は息を吐きながら元の状態に戻していきます。

この動作を10回の2セット毎日続けるようにしましょう。
ただし、少しでも腰に違和感がある場合は、回数を調整するなど無理をしないように注意してください。

姪浜 産後の骨盤矯正 産後の骨盤の歪みを確認する方法

姪浜 産後の骨盤矯正 産後の骨盤の歪みを確認する方法

多くの女性が産後の骨盤の歪みによって体のトラブルを抱えています。
骨盤が歪まないように気をつけることで、多少なり自力で改善することはできます。

ただ産後の骨盤の歪みだけでなく、それ以前から歪みがあった方は、自力で改善することは非常に難しいでしょう。
その場合は、整体院や接骨院、マタニティ整体を専門としている場所で施術を受けることをお勧めします。

産後の骨盤の歪みの状況を少しでも軽減し、短期間で元の状態に戻すためには、日ごろの姿勢や生活習慣などこまめなケアは必要不可欠です。
ここでは、産後の骨盤の歪みだけでなく、日常的に引き起こされている骨盤の歪みなどを確認できる方法を紹介しましょう。

まっすぐな床に仰向けに寝そべってください。
全身をリラックスさせた状態で、両足をそろえてみましょう。

産後の骨盤の歪みや日常的な歪みがない方の場合は、同じ高さで両足がくっつき、つま先は外の方向へ開いているはずです。
さらにその状態から、肩幅に脚を開き、左右の高さを確認しましょう。

高さがまったく異なる場合は、産後の骨盤の歪みや日常的に骨盤が歪んでいることになります。
正座の状態で骨盤の歪みを確認する場合は、肋骨から骨盤の一番高い部分までの長さを測りましょう。

左右で長さ違い場合は、産後の骨盤の歪みを引き起こしていると考えられます。
そのほかにも、ウエストの位置がズレたり、左右で脚の長さが違う、肩にかばんをかけるとすぐにズレる、顔のパーツの高さが左右で違う、目の大きさが違う、靴底の減りが左右で異なる、正座やあぐらをかくとすぐにバランスを崩すなども産後の骨盤の歪みがあると判断出来ます。

このような場合は、速やかに産後の骨盤の歪みを改善する骨盤矯正を行うようにしましょう。

姪浜 産後の骨盤矯正 骨盤矯正をおすすめする理由

姪浜 産後の骨盤矯正 産後 骨盤矯正をおすすめする理由

子供を生んでからなんとなく腰痛がひどくなった、股関節が痛い、頭痛がして、なんとなくだるい、次の子供を妊娠できない、生理不順でイライラすることもあるなど産後の体調の変化を感じている方も少なくありません。

産後 骨盤矯正が大きく取り上げられ、重要視されているのは、これらのトラブルを改善できるといわれているからなのです。
出産とは、女性にとって一番の大きなイベントとなるでしょう。

約3キロ近くもある胎児を狭い産道から出産するのですから、当然体には大きな負担がかかるのです。
通常出産を追え約半年かけて体は元の状態に戻り、日常生活を送れるようになるまで回復するでしょう。

ただ、出産の際に受けたダメージをそのままに体は元の状態に戻ろうとしますので、そのときに正しく戻してあげることが必要なのです。
それを可能とするのが産後 骨盤矯正なのです。

妊娠から産後にかけて女性の体内では、リラキシンというホルモンが分泌され、腱や靭帯、筋肉を緩ませようと機能します。
なぜなら、硬くなったままの筋肉や靭帯では、大きな胎児をスムーズに出産できないからです。

胎児のサイズや形に合わせて自由自在に変形できるよう、ママの体のあらゆる部分が柔らかくなり、それによって安全な出産を可能としているのです。
しかし、緩んでしまった筋肉や靭帯、腱は骨盤や股関節、特に恥骨結合部分を支えることはできず、ちょっとした負担によっても大きくずれたり、断裂や損傷を受けることになるのです。

産後 骨盤矯正はそんな傷ついた女性の体を優しく整え、元の状態や元の位置にきちんと戻すための施術なのです。
この施術を可能とする期間は、産後1ヶ月もしくは2ヶ月から約半年間といわれています。

この時期に正しい産後 骨盤矯正を行うことで、妊娠前、いや以前よりも健康で元気な体を取り戻すことができるでしょう。
特に二人目のお子さんを計画的に妊娠したいと希望している方は、産後 骨盤矯正はカイロプラクティックや整体院等プロの施術を受けることをお勧めします。

姪浜 産後の骨盤矯正 産後腰痛など様々な痛みを解決する整体院とは

姪浜 産後の骨盤矯正 産後 腰痛など様々な痛みを解決する整体院とは

産後 腰痛など産後に抱える体のさまざまな痛みって一体いつまで続くんだろうって思いつつも放置していることありませんか?
早めに対処したほうがいいのは分かっている、けど育児や家事に追われて、どうしていいのか分からないというママも多いのが現実なのです。

しかし最近の整体院では、そんな産後 腰痛などさまざまな痛みを抱えて、路頭に迷っているママにとってもうれしいサービスを実施しているのを知っていますか?
産後 腰痛を抱えているのに、子供を預かってくれる人がいない、産後太り解消のためにとダイエットや食事制限をしているのに、なかなかやせられない、などさまざまな悩みを抱えているママでも安心して利用できる整体院が誕生しているのです。

産後 腰痛など体の痛みを放置したままにしておくと、女性特有の疾患を引き起こす原因にもなるのです。
さらに更年期を迎えたときにさらに症状がひどくなり、悪い人の場合、股関節痛が悪化し、歩行困難になったり、ホルモンバランスを大きく崩し、更年期障害が悪化、うつ病などを引き起こす原因ともなるのです。

これらの症状を予防するためにもできる限り正しい施術を受けることが重要なのです。
産後 腰痛など痛みを取り除くことを専門としている整体院では、産後に歪んでしまった骨盤矯正を中心に、全身の乱れを整え、妊娠前の状態に戻すことが期待できます。

福岡市西区 整体 なぜ「パニック障害」が女性が多いのか?

福岡市西区 整体 なぜ「パニック障害」が女性に多いのか?

「パニック障害」というのは男性女性といった性別に関係なく罹る病気です。
しかし、発病する割合は2:1と女性の方が圧倒的に多いという特徴があるのです。

では、なぜ女性の方がかかりやすいのでしょうか?
その理由のひとつは、パニック障害がホルモンバランスと関係が深くて、生理前の時期になると不安要素が増すためかも知れません。
また、男性と比較して複雑な身体構造担っていて、生理周期により体の状態が変化し、安定した状態を保ちづらいためという考えもあります。

最近の社会構造の変化で女性をめぐる職場状況や人間関係が多様化してきたことも、発病させる要素になってきているのかも知れません。
男性と同じように社会的責任をおったり、派遣や特殊技術を持つ立場で働いたりなどが関係しているのかも知れないのです。

あと女性の場合は、意外とノンキな性格だと思っていても、内面的には感受性が強く完全主義で、周囲に気を使う性格という人が多いです。
その性格的な面も男性より発病しやすい要因につながっているかも知れません。

いずれにしても深刻な症状なので、「もしかして?」と感じるような時には、専門医を受診すると良いでしょう。

糸島市 整体 更年期の「眼精疲労」などの予防策

糸島市 整体 更年期の「眼精疲労」などの予防対策

更年期になると女性は様々な症状に悩まされてしまいますが、眼球を支える筋肉が衰えることで、目が疲れやすくなって「眼精疲労」も起こりやすくなります。
また、焦点を合わせる調節力も衰えて「老眼」になったり、ドライアイになったりと目の不快症状にも悩まされてしまいます。

ただ目の乾燥や痛みには、シェーグレン症候群や緑内障などといった病気が隠れている可能性も考えられるので注意が必要です。
症状を感じた場合には、念のために眼科を受診すると良いでしょう。

また、眼精疲労・老眼・ドライアイの予防対策を心がけることも大切です。

老眼を放っておくと眼や体に負担がかかって疲労がたまるので、40代からは定期的に眼科で検査を受けて視力に合う眼鏡やコンタクトを作ると良いです。
また、目の周りには眼精疲労に効くツボがたくさんあるので、指の腹で目の周りのツボをやさしく押して、筋肉のこりをほぐし血行を促進するのも良いです。
あと、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンCは、眼精疲労に有効な栄養素といわれているので、これらを多く含む緑黄色野菜を摂取するように心がけると良いでしょう。

早良区 整体「不定愁訴」にならないためには?

早良区 整体「不定愁訴」にならないためには?

女性に多いといわれる「不定愁訴」は、自律神経系が関与する自覚症状があって、その症状に強弱や内容が変化するなどがみられる病気です。
具体的な症状は、動悸・めまい・耳鳴り・頭痛・微熱・不安感・イライラ・無気力などがあります。

ただ自覚症状があるにもかかわらず、外観や検査データなどで確認できない症状が多いので、周囲から理解されずに苦しむ人も少なくないようです。
そのために、「不定愁訴だけで病院に行きにくい」という心情があるようです。
そこでおすすめしたいのが、「かかりつけ医」を持つということです。

かかりつけ医を持つメリットは、「日頃から体に関心をもつ習慣がつきやすい」「正しい医学情報を確認しやすい」という点があります。
自分の体のことを正しく把握していてくれて、正しい医学情報を確認しやすいためいつでも相談できるのです。
ちょっとした不調と思っても重大な病気が隠れている可能性もあるので、かかりつけ医を持つことは大切なことといえるでしょう。

あと、不定愁訴の主な原因は「ストレス」といわれています。
ですから、ストレスと上手に付き合うコツを掴んで、無理せず自分のペースを心がけることも予防対策につながります。

姪浜 整体 「めまい」は現代女性に増えている不調のひとつ

姪浜 整体「めまい」は現代女性に増えている不調のひとつ

女性の社会進出と共に心身のストレスも大きくなって、病気とはいえないけれども何となく調子が悪いという女性が増加傾向にあります。
「めまい」という症状も現代女性に増えている不調のひとつです。

女性に多く見られる「めまい」には自律神経の乱れによるものがあります。
ストレスや女性ホルモンの乱れなどで血圧の調節機能などが正常に働かなくなって症状を起こすのです。

低血圧の人や貧血の人が女性には多くて、これも大きな原因と考えられます。
また、女性ホルモンが減少する更年期には自律神経のバランスが崩れやすく、それにより起こりやすくなります。
あと、30代後半~40代のプレ更年期といわれる人にも多く、この年代はストレスや過労が原因であると考えられています。

ただ「めまい」という症状は時と場所を選ばないので、症状が起きた場合には落ち着いて対処しましょう。
具体的には、楽な姿勢をとって安静にする・光や音の刺激を避けるようにしましょう。

また、体のしびれや激しい頭痛などの症状が伴う場合には、脳梗塞や脳出血など重い脳の病気が疑われます。
治療が遅れると命にかかわるので医療機関を受診しましょう。

姪浜 整体「小顔整顔」で頭蓋骨の歪みを解消

姪浜 整体「小顔整顔」で頭蓋骨の歪みを解消

ご存知のように顔の骨は頭蓋骨の一部で、その頭蓋骨は23個の骨が「縫合」と呼ばれる間接を介しパズルのように組み合わさって形成されています。
また、その内部には脳で生産される特殊な液体の「脳脊髄液」で満たされていて、頭蓋骨の歪みやストレスなどにより流れが悪くなると、頭蓋骨内に脳脊髄液が溜まり内圧が高くなってしまいます。

その結果大きく膨らんでしまうために、頭が大きくなりますし当然顔も大きくなってしまいます。
しかし、この現象は小顔に憧れる女性にとっては、何としても避けたい症状といえるでしょう。

実は、頭蓋骨が歪むことにより頭蓋骨・顔面を覆っている筋肉が固まったり、リンパの流れが悪くなったりしてむくみやすくなります。
ですから、「小顔整顔」により顔の表面の筋肉を緩めたり、リンパの流れを良くしたりしなくてはなりません。

また単に美容面だけではなく、頭痛・肩こり・自律神経への影響、酷い場合にはめまいや耳鳴りなどといった健康面でも症状がでてしまいます。
ですから、美容面と健康面を考えるのなら「小顔整顔」で頭蓋骨の歪みを解消する必要があるのです。

姪浜 整体 母体とお腹の赤ちゃんのために「妊婦整体」を

姪浜 整体 母体とお腹の赤ちゃんのために「妊婦整体」を

妊娠中は女性の体にとっては今までにない大きな負担がかかる時期で、肩こり・頭痛・腰痛・下肢のむくみ・恥骨痛・股関節痛などに悩まされることが多いのです。
しかし「そうゆう症状は皆が経験していること」と、我慢することが当然のようにいわれることが多いです。

でも、本当は我慢する必要はないのです。
実は、母体が感じる痛みのストレスは、お腹の赤ちゃんにも良くないのです。
ですから、心身共に健康な状態で元気な赤ちゃんを出産するためにも、「妊婦整体」がおすすめです。

「えっ、妊婦整体?」と驚く方もいるかも知れませんが、母体やお腹の赤ちゃんに影響の無い施術を行うので大丈夫なのです。
また、無理のない姿勢で筋肉の緩和操作やストレッチングを行い全身のコリや緊張や痛みを取り除いてくれるので安心なのです。
快適なマタニティライフを送るためにも、おなかの赤ちゃんのためにも、辛い症状を我慢するのは避けましょう。

ただし、妊娠期間中の女性の体は非常に変化しやすく繊細なために、整体院によっては敬遠されてしまうこともあります。
事前に確認すると良いでしょう。
あと、出産後の骨盤矯正も忘れずに行うと良いです。

福岡市西区 整体「産後腰痛」を予防するためのポイント

福岡市西区 整体「産後腰痛」を予防するためのポイント

男性と比較して女性は筋肉量が少ないですし、生理・妊娠・出産など急激な体の変化があるため「腰痛」持ちになる可能性が多いのです。
特に、妊娠中はホルモン変化や体型の急激な変化などによって腰痛になりやすいです。
また産後にも腰痛の危険性があって、産後腰痛の原因となるのが「出産による腰痛」と「子育てによる腰痛」です。

出産による腰痛は、ホルモン変化・姿勢的な問題・筋肉の問題・恥骨結合や仙腸関節の問題があります。
子育てによる腰痛は、長時間慣れない抱っこで腰に負担がかかってしまうことが考えられます。

ですから、出産直後の方や出産予定のある方は、産後腰痛を起こさないために予防をしておくことが大切です。
まず、恥骨結合や仙腸関節に問題があるのなら、専門家に相談して専用ベルトで安定させるようにしましょう。
また、骨盤の底にある筋肉のエクササイズを行うなど、適度な運動を心がけるようにしましょう。

無理な姿勢で赤ちゃんを抱っこしたり、おんぶしたりしないように心がけることも大切です。
あと、歪んだ状態で骨盤が固定されないように、早い段階で適切な治療を受けると良いでしょう。

糸島市 整体 「産後整体」で骨盤矯正することはとても重要

糸島市 整体「産後整体」で骨盤矯正することはとても重要

産後の骨盤を放置すると、産前のズボンが履けない・体型が戻らない・体重が戻らないということがあります。
仮に体重は戻っても肝心の骨盤が開いたままでは体型までは戻りませんし、将来的に太りやすい骨格になってしまいます。

また、産後の尿漏れがある・尾骨や恥骨が痛い・股関節痛・腰痛・坐骨神経痛・骨盤痛・手のしびれやこわばり・ひざ痛・めまい・耳鳴りなどが起こることもあります。
あと、母乳の出が悪い・慢性疲労・不眠・O脚が進行したなど起こることがあります。

このような症状が起こらないようにするためにも「産後整体」で骨盤矯正をすることをおすすめします。
特に2人目3人目と出産することで骨盤はどんどん開き、酷い場合には子宮脱などの臓器脱になるかたもいるのです。
このことで「産後整体」の重要性が理解できることでしょう。

ただ「いつから?」という方も多いことでしょう。
産後の骨盤矯正は早ければ早いほど矯正しやすいのですが、子宮が収縮していないと骨盤は閉じないので、出産後1ヶ月からを目安すると良いでしょう。
また、赤ちゃんを心配される方もいるでしょうから、預かってもらえるかを事前に整体院に確認しましょう。

福岡市西区 整体 産後の辛い症状を予防するためにも「産後骨盤矯正」を

福岡市西区 整体 産後の辛い症状を予防するためにも「産後骨盤矯正」を

女性の身体にとって妊娠するというのは、今までにない大きな変化がある時期です。
お腹の赤ちゃんの成長は嬉しいことですが、それに伴い肩こり・頭痛・腰痛・下肢のむくみ・股関節の痛みなど様々な症状に悩まされることも多いのです。
また出産後もその症状が続いてしまうケースも少なくありません。

産後に骨盤が元の位置に戻らず歪みが定着してしまうと、むくみや冷え性の原因につながりますし、腰痛が酷くなる・お尻周りが大きくなる・トイレが近くなる・太りやすくなるなども起こってしまいます。
ですから、これらの症状が起こらないようにするためにも「産後骨盤矯正」は必要なことといえるでしょう。

また、出産後は女性ホルモンの影響で歪みを矯正しやすくなるため、骨盤の歪みなどを直すのに最適な時期ともいえます。
ですから、以前から腰痛などで悩んでいる方も、このタイミングで全身の歪みを治すと良いかも知れません。

ちなみに「産後骨盤矯正」は、自然分娩なら出産直後から、また帝王切開なら2週間程度様子をみてから施術を受けると良いでしょう。
ただ一般的にいわれていることなので、産科医に相談してから施術を受けると良いかも知れません。

姪浜 整体 中高齢の女性に多く見られる「ひざ痛」

姪浜 整体 中高齢の女性に多く見られる「ひざ痛」

中高齢の方に起きやすい関節痛が「ひざ痛」です。
特に、50代以降の女性に多く見られるのが特徴で、正座がしづらかったり歩行や階段の上り下りが困難だったりと様々な支障が起こります。

この「ひざ痛」が起こる原因は様々考えられますが、大きな原因として「加齢による体の老化」があります。
どうしても加齢と共に筋肉量や骨量は減少し衰えてしまうために、体重や体の動きを支える負担がひざ関節に集中し大きなダメージを与えてしまうのです。

また、男性よりも女性は筋肉量が少なく、加齢と共に基礎代謝が低下して太りやすくなるため、より膝関節にかかる負荷が大きくなってしまいます。
そのことが、中高年の女性に起きやすい傾向にある理由といえるかも知れません。
さらに、骨密度が減少して骨が弱くなることや膝関節を酷使する生活習慣なども要因になるといえるでしょう。

対処法は膝の痛みの原因や症状などで違うため一概にいえませんが、「痛いから動かさない」というのは膝の痛みを悪化させる最大の要因ともいわれています。
ですから、ある程度痛みが治まったら歩くようにしたり、ストレッチなどの軽い運動をしたりして、膝を少しずつでも動かすように心がけましょう。

糸島市 整体 楽しむためにも「テニス肘」の予防対策を 

糸島市 整体 楽しむためにも「テニス肘」の予防対策を

前腕から肘まで伸びる手首を反らす筋肉と骨をつなぐ腱の細かい断裂を伴った炎症が「テニス肘」で、痛みを伴うことによりテニス愛好家を悩まします。
主な原因は、プレーによる過度な肘の使用と考えられていますが、肘の誤った使用というとらえ方もあるようです。

つまり、単に肘の使いすぎだけが原因ではなく、肘の使い方に問題があるということです。
また、筋力低下・栄養状態や睡眠不足などといったコンディショニング不足なども内的要因と考えられます。

ですから「テニス肘」を予防するためには、プレー前とプレー後にストレッチを行うことです。
肘を基点として手首までの筋肉や筋を伸ばすようにストレッチをすると良いでしょう。

筋力トレーニングに取組み筋力強化することも予防につながります。
ただ、間違ったトレーニング方法では逆効果になる可能性があるので、トレーナー・医師・テニスコーチに相談することも大切です。
あと、栄養状態や睡眠などといったコンディショニングを整えることも大切なことです。

どんなにテニスが大好きでも無理をしてしまっては、その後長く楽しむことができなくなる可能性があります。
痛みを感じる時は「休む勇気」も大切です。


 1  2  3 



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「からだ回復整体 福岡西」へのお電話はこちら
 【 電話番号 】 092-883-0300
 【 営業時間 】 月~金 10:00~20:00 土日祝 9:30~20:00
 【 電話受付 】 午後6時まで
 【 定休日 】 不定休

PageTop




からだ回復整体 福岡西

住所 : 〒819-0002
福岡市西区姪の浜3-4-6

【電話番号】
092-883-0300

【営業時間】
月~金 10:00~20:00
土日祝 9:30~20:00

【電話受付】
午後6時まで

【定休日】
不定休



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。